正しいヘアケアの知識:トリートメント編

正しいヘアケアの知識:トリートメント編

 カラーリングやパーマで髪の毛が傷んでいるなあというとき、真っ先に思い浮かぶヘアケアの方法がトリートメントですよね。美容院でもカラーリングやパーマの後は必ず美容師さんからお薦めされます。

 

 

 

 トリートメント剤にはいろいろな種類がありますが、大きく分けて、市販のオイル分の多いものでシャンプーのあとに使ってすぐ洗い流すもの、それから仕上がり重視のマニキュアコーティングタイプのもの、そしてたいていの美容院で使われている髪の毛への栄養補給タイプのものがあります。内容をよくチェックして、自分の髪に合ったものを選んでください。
 

 

 そして、より効果的なヘアケアでダメージヘアのリペアをし、綺麗な髪を作っていきましょう。まずはシャンプー後の髪の毛の水気を切り、そこに揉み込むようにしてトリートメントを毛先までしっかりつけます。毛先は一番痛みやすいので特に忘れないようにしましょう。

 

美容室の日本史を学ぶ

 

逆に頭皮の方にはつける必要はありません。そして髪の毛をまとめて暖かいタオルで頭ごとくるみます。この状態ですと、髪の毛の内側まで入り込んでよく浸透させることができます。この間に体を洗ったり、お風呂に浸かっててもいいと思います。

 

 

 

それから髪の毛をすすいで洗い流し、最後にタオルドライで水分を取りましょう。
 毎日このケアを行う必要はないですが、定期的一週間に一度ほどのペースですることで、髪のキューティクルを常にきれいな状態で保ち、切れ毛や枝毛のないツヤのある髪になります。