正しいドライヤーの使い方

正しいドライヤーの使い方

お風呂上がりの髪の乾かし方によって、髪へのダメージは決まります。
ドライヤーは髪の毛を傷めてしまうから自然乾燥のほうが良い、という噂もあるようですが実際はその逆です。
自然乾燥のほうが断然、髪へのダメージは大きいのです。
入浴後は面倒くさがらずに出来るだけ早めにドライヤーで髪の毛を乾かすようにしましょう。

 

更に髪の事を考えるのであれば、乾かすのと一緒に洗い流さないタイプのトリートメントを使うと尚効果的です。
濡れたり、温めたりすると髪の表面にあるキューティクルが開き、奥の奥まで浸透します。
あとはドライヤーで乾かしながらキューティクルを閉じていきましょう。
1回だけでは効果は実感できませんが、毎日行う事で必ず違いが現れるはずです。

 

また、ドライヤーの使い方にも気を使ってみましょう。
まずドライヤーを掛ける前にタオルで水分を取り除きます。
こするのではなく、タオルで押し当てるようにすると髪へのダメージも少なく済みます。

 

面倒くさいかもしれませんが、このひと手間を行うことでドライヤーの時間を短縮でき、髪への負担も軽くなるのです。
ドライヤーは髪をかきわけながら頭皮から乾かしていきます。
この時、1箇所に集中しないようにまんべんなく、髪から20センチ離すようにしてください。

 

8割程度乾いてきたら後は冷風で冷やし、キューティクルを引き締めたら完成です。
もし髪の質が多い方であれば、かき分けながらではなく上の方からドライヤーを当ててボリュームを抑えるイメージで行うと良いかと思います。