ノンシリコンシャンプーって実際どうなの?

ノンシリコンシャンプーって実際どうなの?

最近、やたらと目を引く「ノンシリコンシャンプー」ですが、やっぱり髪の事を考えて作られている良い商品なのでしょうか。
CMや雑誌などであんなにも宣伝されているのだから大丈夫だよ!なんて思っていませんか?
確かにその気持ちも分かりますが、何でも鵜呑みにしてしまうのは少し危険かもしれません。

 

そもそもシリコンとは髪にとって必要な成分なのか、それとも不要な成分なのか気になりますね。
シリコンに対して「毛穴に詰まりやすい」、「トリートメントの効果が得られにくい」といったイメージを抱いている人も少なくないでしょう。
しかし実際のところは髪同士の摩擦を減らし、ツヤを出して指通りを滑らかにする働きを持っているのです。
シリコンがシャンプーに使われる理由は、ラウリル硫酸やラウレス硫酸などにより髪や頭皮の成分を必要以上に落としてしまいゴワツキやキシみが出るので、それを隠す為のコーティング剤のような役割を持っているからです。

 

本来、シリコンはシャンプーには必要のない成分なので、その意味ではノンシリコンシャンプーはおススメです。
しかし、それは洗浄成分が髪にとって良いものである場合に限ります。
髪や地肌にとって必要な成分まで洗い落すような洗浄成分のシャンプーには、必ずシリコンは不可欠となるので成分表をよく見て確認してみてください。
おススメはコーティング剤不使用のアミノ酸系洗浄成分のシャンプーです。
またノンシリコンシャンプーを使うのであれば、合わせて使うリンスやトリートメントもノンシリコンのものを選ぶようにしましょう。