シャンプーの成分をチェック

シャンプーの成分をチェック

今、使っているシャンプー。
何が含まれているのか成分表をチェックして購入しましたか?
成分表を見たところで、何がどう影響を与えるのか分からない人がほとんどだと思います。
好きなメーカーだったり匂いだったり、選ぶ基準は人それぞれ違いますが成分のことを気にしている人は少ないでしょう。
この機会に成分のほうにも目を向けてみると良いかもしれませんね。
今回は特に気を付けてほしい成分を紹介したいと思います。

 

特に気を付けたい成分、それはラウリル硫酸塩系です。
皮膚への浸透性が高いことで有名なラウリル硫酸塩系、実は皮膚病の原因にもなり兼ねない成分なのです。
今ではあまり使われなくなりましたが、ラウリル硫酸塩系と書かれているシャンプーは大変危険なので絶対に使わないようにしてください。
また、近年流行っている殺菌系のシャンプーもおススメ出来ません。
殺菌系か殺菌系でないかを判断するのは成分表では難しいですが、シャンプーのボトルなどに宣伝目的の為に書かれていることがほとんどです。
特に「加齢臭を防ぐ」「デオドラント」など、いかにも好感を持ってしまうフレーズが記載されているでしょう。
殺菌系は皮膚の健康を保つ善玉菌をも流してしまうので、乾燥肌やフケなどを引き起こします。
一見、凄く良い商品のように思いがちですがこんなところに落とし穴があるのです。

 

逆に成分として含まれていたほうが良い意外な成分は、シリコンや石油系などです。
この2つの成分は、入っていないほうが良いと思っていた人も多いはずです。
これでどれだけ間違った知識が身に付いているのかが伺えますね。