紫外線が髪に与える影響とは:枝下、切れ毛編

紫外線が髪に与える影響とは:枝下、切れ毛編

紫外線に当たることことによって皮膚がダメージを受けることはよく知られるところです。皮膚がんの恐ろしさはもちろんのこと、シミやシワ、そしてたるみなどの老化の原因ともなります。そのため紫外線カット剤入のクリームなどを使って、顔や身体のお肌をプロテクトするよう、気をつけている方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

ところで、露出されたお肌のほかにもうひとつ、太陽光、そして紫外線にさらされている、美容に欠かせない大切な部分があります。それは頭、つまり髪と頭皮です。肌がコラーゲンなどのタンパク質からなるように、髪はケラチンなどのタンパク質からなります。

 

 

 

もともと皮膚の一部でもあったのが変化しただけで、実は肌と変わらないのです。そして頭皮はれっきとした皮膚の一部で、それこそ顔や身体のお肌となんの変わりもありません。髪に覆われているものの、分け目や隙間は無防備のままです。

 

 

 

それなのに顔などの部分ほどUVカットを細やかにできない上、しかもまともに太陽光が当たります。頭皮がダメージを受けると健康な細胞を作り出す妨げとなり、髪の質が低下して色が薄くなったり、またもろくなります。そうなると、見た目にも艶やかな美しさが損なわれてしまうばかりか、シャンプーやブラッシングなどの摩擦で簡単にキューティクルが剥がれたり、さらには枝下や切れ毛にもなりやすくなります。

 

 

 

ですので外出するときは帽子や日傘を使い、顔や腕などのためだけでなく、忘れがちな頭やヘアのためにも使って充分配慮するようにし、できるだけダメージを受けないよう気をつけましょう。

 

心斎橋で人気のヘアサロン merry 心斎橋店