紫外線が髪に与える影響とは

紫外線が髪に与える影響とは

紫外線は浴び続けると肌のシミやそばかすを増やし、人体にも悪影響があることが知られています。
同じように、髪も日焼けをするといろいろな悪影響を受けてしまいます。
髪にはどんな影響があるのでしょうか。

 

 

 

毛髪はたんぱく質が主成分であり、アミノ酸のシステイン結合というもので構成されています。
紫外線には、この結合を壊してしまう作用があります。
そうするとキューティクルがはがれてツヤが失われ、パサパサとした感じになり、枝毛や切れ毛が増えてしまうのです。

 

 

 

また、メラニン色素も分解されるため、赤茶けたようなまさに日焼けした色に変わってしまいます。
日焼けすると、カラーリングしていた場合でも退色して色あせたような印象になってしまうのです。
これは光老化といわれ、光を浴び続けた時間に比例して顕著に症状が現れます。

 

 

 

このように紫外線による悪影響を受けるため、髪もきちんとしたUVケアをすることが大切です。
ケア方法としては、UVカット効果のあるトリートメントを利用するとよいでしょう。
UVカットしてくれるだけでなく、保護やツヤだしの効果もあるので、ヘアケアとして大変効果が期待できます。
縮毛をお考えならFAROが評判のサロンみたいです

 

また、帽子や日傘も日光を遮断してくれるので有効です。

 

 

 

シャンプーを高級なものにしたり、美容院でいくら手入れをしても、日常的に降り注ぐ日光からヘアを守らないと効果も半減です。
日差しの強くなる季節や時間帯には十分注意し、肌だけでなくヘアも日焼け対策を万全にして外出しましょう。