30代からのヘアコンディショナー

30代からのヘアコンディショナー

30代になると、新陳代謝などの低下で体のあらゆる場所に老化現象が始まってきます。

 

その1つに髪の元気がなくなって行く事です。だんだんコシやハリ、ツヤが衰え、髪全体がボリュームダウンしてしまう事もあります。

 

ボリュームダウンしてしまった髪は、元に戻すことが難しく、それを防ぐためには日頃のヘアケアが大切です。

 

 

 

また、その様な髪にならないように、パーマやヘアカラーをできるだけしない。

 

という事も大切です。パーマは、髪の内部に浸透して髪の形を作っている組織を引き離してカール状態で結合させる方法です。

 

ヘアカラーも髪の内部まで染料を浸透させるので、髪の内部はボロボロになっています。その状態で外側ばかりヘアケアをしていても意味がありませんよね。

 

 

 

ヘアカラーをしている人、パーマをかけている人は、今からでも遅くはありません。パーマやカラーリングを止めなさい。とも言いません。

 

今のうちに将来のためのヘアケアを行いなさい、と言います。あまりにもパーマやカラーリングがひどい場合には一度髪切ってみるのも良いかもしれません。

 

せっかく伸ばしたのに切ってしまうのはもったいない感じがしますが、いたんだ髪の状態で伸ばすと髪のダメージの症状は悪化をしてしまいます。

 

 

 

ドラッグストアなどに行くと、ヘアコンディショナーが大量に陳列されていますよね。

 

その中から自分にったヘアコンディショナーを見つける事は難しいですが、ダメージヘア用のヘアコンディショナーなども売っています。

 

基本はボルームアップでサラサラタイプかしっとりタイプをおすすめします。薬用成分が配合されていて、育毛効果も期待できるヘアコンディショナーを見つけられると良いですね。